FC2ブログ

ブラッケン・ムーア

8-16_201908212008052a8.jpg



1937年、イギリス・ヨークシャー州。裕福な炭鉱主のハロルド・プリチャード(益岡 徹)の元に、ある日エイブリー一家が訪ねてくる。
かつては家族同士で仲良くしていたのだが、10年前にハロルドの一人息子・エドガー(当時12才)が、ブラッケン・ムーアという荒野の廃抗に落ちて亡くなった事故をきっかけに疎遠になっていた。
それ以来、エドガーの母親・エリザベス(木村多江)は家の中でふさぎ込んでおり、彼女を励ますためにエイブリー一家はプリチャード家に数日、滞在する予定だった。
エリザベスはエドガーの親友であったエイブリーの一人息子、テレンス(岡田将生)と再会すると、亡き息子への思いを溢れんばかりに話し出した。

しかしその日から毎晩、うなされたテレンスの恐ろしい叫び声が、屋敷中にこだまするようになる。
テレンスはエドガーの霊が憑依し、何かを伝えようとささやいてくると言う。やがてエドガーの霊に憑りつかれたテレンスは、事故現場であるブラッケン・ムーアに向かう。
そして事故当時の知られざる真実が、少しずつ明らかになっていく――
『東宝サイトから・・・』

岡田将生  木村多江  峯村リエ 相島一之 
立川三貴 前田亜季   益岡 徹

大西統眞  宏田 力(wキャスト)

さる東宝サイトで取ったチケットでしたが
とっても良いお席でびっくり
ストレートだと良いお席がとれるなぁ~
昨今ミュージカル熱がなにか凄いですが
私も好きですが
東宝で取れたためしがない
それに比べたらなんて良いお席なの
(私には眼鏡で見れるお席はグッドなのです
前すぎても眼鏡越しに見るのは眼鏡のフレームに掛かるから眼鏡を外すことなる
かといって眼鏡+オペラではストレートは特にいや!と
贅沢なことになるのですが)

岡田くんを観たいとの思惑もありましたが
それより木村さんを見たいのが勝ち観劇
サスペンスの1幕
なぞが明かされていく2幕
照明から音響からカーテンの風から物語になってる演出でしたね
少しだけ事前に勉強していったのでどんでん返しも分かっていたのに
スリルある大量の台詞も聞き逃したくない
岡田くんの22歳と12歳の演技も声も違和感なし・・
母親エリザベスの木村さんの細かい仕草や目の動きも流石素晴らしい女優さんでした
愛あるストーリーになってましたね




スポンサーサイト



テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たあこ

Author:たあこ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
カテゴリー
モニタープラザ
モラタメ
ファンくる
Bling
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
69位
アクセスランキングを見る>>
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
RSSフィード
Bookmarks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
楽天
美容ドリンク・サプリ
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード