ぷちっとね

日々の出来事

Entries

しゃばけ・・

ホビーフェアの後は赤坂に移動して
”しゃばけ”を観て来ました

2013.4.20~29(月)

赤坂ACTシアター


後4日間~!!


大阪公演
5月7日~12日(日)
新歌舞伎座



沢村一樹 臼田あさ美 宇梶剛士 高橋光臣  阿知波悟美  久保酎吉
池田有希子 西村直人 星野園美 金井良信 孔大維
水谷悟 マギー 山内圭哉
麻実れい
 ほか


あらすじ==
 江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。
 たった一人の跡取りで病弱な一太郎に、幼少の頃、祖父は二人の手代、佐助と仁吉をつけた。
 二人が来てから、一太郎の周りには不思議な者たちが取り巻くようになった。
 二人の手代に人ではない気配を感じた一太郎は、祖父から佐助は犬神・仁吉は白沢の妖だと知らされ驚く。
 だが、二人は一太郎を第一に思い、守ってくれていた。

 ある日、二人の手代の目を盗んで出かけた一太郎は、五つを過ぎた闇の中、長崎屋への人気のない帰り道を急いでいた。
 そこへ鈴彦姫が背後から声をかけてきた。安心したのも束の間、鈴彦姫は、一太郎に血の臭いがしてきた…と告げる。そして、一太郎と鈴彦姫は殺人現場を目撃してしまう。
 一太郎自身も背後から、「香りがする…する…する…」と呟く奇妙な男に襲われてしまう。
その場から妖の力を借りて命からがら逃げ出した一太郎。しかし、それ以来、猟奇的殺人事件が続いていく。
 しかも、手代たちには、だめだと言われていた夜に勝手に外出していたこと、さらには、血の臭いを嗅ぎつけられてしまい危険な目にあったことまで知られてしまう。
 そうとなると、心配性な手代たち、下手人に顔を見られたかもしれないと、
 より一層、一太郎を過保護に扱うようになる。そんな中、一太郎と妖怪は事件解決に乗り出すことに。

 その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う…。
 
下手人の呟く可笑しな言葉は何なのか、一太郎が命を狙われたのはただ顔を見られたと思ったからなのか、
 様々な謎が一太郎と妖怪たちを取り巻いていく
 ==============================

原作は読んでいないのであらすじ頼りに観にいって来ました

後で知ったのですがご招待も出ていてらしく・・・
中高年の方も多かったですね
沢村さんは10年ぶり以上の舞台?らしく
弱弱しい若旦那を演じていました
でも一太郎も40過ぎまで生きられてて、幼馴染も40過ぎてまだ菓子職人になれないなんて・・
どんだけ?
舞台はね・・・ギャグが多くてそれも繰り返しが多すぎで
もういいじゃん!!早く次の場面に行こよと思うものが多かったなぁ・・
舞台が始まってすぐに直人さんが死体で登場~(o´・∀・`o)ニコッ♪
その後も何役も演じていて大変そうだったぁ

後数席前で客席降りのかわら版を貰えたのにぃ・・と残念でした(笑)


お知り合いの方が誰かに似てる・・似てる・・・と
池田さんに似てるんだぁと気が付いた今日


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たあこ

Author:たあこ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

モニタープラザ

モラタメ

ファンくる

ニュース

Bling

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
71位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

楽天

美容ドリンク・サプリ

月別アーカイブ

ブログ内検索

地域天気予報

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Related Posts with Thumbnails