FC2ブログ

浅草寺 ほおずき市

s-P1080011.jpg


9日10日と行われるほおずき市に
昨日は夕方から出かけようとしたら雨脚が強くなり諦めました

今日は午後から予定があり・・でもその前に行けるかな?

雷除けの御札も納めてこなければと・・
参道から人 人 観光客も多そうですね
雷門前の人力車も客引きが・・暑い中大変だなぁ・・・・


(以下浅草寺のHPからお借りしました)
月に一日設けられた聖観音菩薩の「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日
この日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。
中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていましたが、
浅草寺では享保年間(1716~36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、
そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるようになりました
(この数については「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」
など諸説ございますが、定説はありません)
s-P1080013.jpg
(お参りして雷除けの御札を頂いて境内に出る階段からみた所、
人が少なく見えそうですが・・大変混雑していました)

この10日を待って一番乗りで参拝したいという民衆の思いから、
前日の9日より人出があって、7月9・10日の両日が四万六千日のご縁日と受け止められるようになりました。
 また、この両日には「ほおずき市」が「四万六千日」のご縁日にちなんで開かれます。

境内から見えるスカイツリー

(今の注目はスカイツリー、、伸びてます)


そもそもこの市は、芝の愛宕(あたご)神社の縁日に始まり、
「ほおずきを水で鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を切り、子どもは虫の気を去る」
といわれるなど薬草として評判であったようです。
その愛宕神社の縁日は観音さまの功徳日にならい四万六千日と呼んでいたのですが、
やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、
ほおずきの市が浅草寺境内にも立つようになり、かえって愛宕神社をしのぎ盛大になったと伝えられています。
 一方、江戸の昔、落雷のあった農家で「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが無事であったことから、
文化年間(1804~18)以後に「雷除(かみなりよけ)」として赤とうもろこしが売られるようになりました。
ところが明治初年に不作が原因で赤とうもろこしの出店ができなかったことから、
人々の要望により「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり、
今日に至っています


s-P1080019.jpg

スカイツリー


これから2つの場所移動がある為にほうずきの鉢植えはやめて
浅草駅

これから新宿に向かいます
銀座線の浅草駅もイキ!だね


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たあこ

Author:たあこ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
モニタープラザ
モラタメ
ファンくる
Bling
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
83位
アクセスランキングを見る>>
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
RSSフィード
Bookmarks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
楽天
美容ドリンク・サプリ
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード